トップページ > 効果 > プラセンタで実感!10の美肌力♡

プラセンタで実感!10の美肌力♡


bihada

様々な栄養素や細胞を活発にする成長因子によって、肌が最も良いとする状態に整えてくれるプラセンタ

肌本来の機能が高まり、根本からの改善が見込める非常に優れた素材です。

他の美容成分(コラーゲンやヒアルロン酸など)と異なり、体内で作れなため、積極的に補うと美容や健康に大いに役立ちます。

プラセンタで叶う10の美容効果

美肌に必要不可欠な効果効能がこんなにも確認されています↓

①美白効果 ②保湿効果 ③細胞活性化(新陳代謝アップ) ④血行促進作用 ⑤抗炎症作用 ⑥免疫力向上 ⑦コラーゲン生成 ⑧抗酸化作用 ⑨抗アレルギー作用 ⑩アミノ酸補給

プラセンタは高価なイメージですが、単体でも十分にパワーを発揮するので、実は効率的かつ経済的ともいえます。

美容のためにサプリやドリンク、高価な化粧品を併用するより、プラセンタで集中的にケアするのが美肌への近道になるのかもしれません。

最近では、美肌やアンチエイジングのみならず、ダイエットやバストアップ、男性の薄毛対策など、総合的な美容面でも注目されています。

美肌のカギは他にはない『細胞活性化力』

プラセンタには、お肌や血液への栄養補給はもちろん、保湿性豊かな新しい細胞を作り出す細胞活性化力に優れています。

新しい元気な細胞が増えると、美肌の基本ともいえる肌代謝(ターンオーバー)が正常に行われるようになります。

このターンオーバーが乱れると、いつまでも古い細胞が残り、肌トラブルや肌老化を招く原因になります。

ターンオーバーとは・・・?

hada1-1

新しい細胞は肌の潤いを保つ「表皮」の一番下「基底層」で作り出され、28日ほど(年齢により周期は違う)かけて徐々に肌表面へ押し出されアカとなって剥がれ落ちます。

このサイクルをターンオーバー(新陳代謝)といいます。

プラセンタで細胞の再生が促進され、ターンオーバーが正常なサイクルで行われると・・・

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった、肌のハリや弾力の元となる成分が作り出される線維芽細胞(せんいがさいぼう)が活発になり、若々しくハリのある肌が生まれていくのです。

hada

ターンオーバーの周期が乱れると・・・

ターンオーバーの過程で剥がれ落ちるはずの角質が肌にとどまってしまうので、毛穴トラブルやくすみ、ゴワつき、肌荒れの原因になります。

当然、スキンケアも浸透しにくくなるので、シワ、シミ、くすみ、ゴワつき、乾燥といった多くの肌トラブルの原因に・・・

ただ、パックや洗顔で角質を無理に取ろうと、皮膚が硬くなり、それはそれでターンオーバーの乱れにつながるようです。あくまでも自然に角質が剥がれ落ちるのを待つのがベストです。

ターンオーバーが乱れる原因は?

主な原因は、加齢、紫外線、ストレス(ホルモンバランスの乱れ)、睡眠不足などです。

とくに加齢によるターンオーバーの乱れは深刻で、40歳を過ぎるとターンオーバーの周期は40日ほどになるそうです。

その乱れてしまったターンオーバー周期を正常に戻すよう働きかけるのがプラセンタです。

  • 規則正しい生活&睡眠を心がける。
  • 外に出るときは必ず紫外線対策をする。
  • 疲れやストレスは溜めない環境をつくる。

上記を意識するとともに、プラセンタを活用することで、美肌やアンチエイジング対策に効率的に取り組みましょう!

プラセンタの抗酸化作用でアンチエイジング

fruit

若い頃の肌がハリ・弾力・保湿をキープできるのは、新陳代謝が活発で重要な細胞がどんどん生まれ変わるからです。

お肌の新陳代謝が低下すると、肌の土台となるコラーゲンなどを作り出すのも困難になり、肌は徐々に若さを失いシワやたるみの原因になります。

また、紫外線を浴びると肌を守るために強い酸化力(サビる力)を持った活性酸素が発生します。肌を守るといっても活性酸素は非常に危険な存在です!

まず活性酸素が増えると肌が酸化するため、徐々にしわ・シミ・くすみなど肌老化も加速!まさにターンオーバーの周期を乱す原因につながります。

プラセンタの抗酸化作用は、体内で作られた活性酸素をコントロールするとともに、体内の細胞が酸化するのを防いでくれます。

また、酸化と戦うための抗酸化物質(ビタミン・ミネラル・酵素)の補給もできるので アンチエイジング対策としては積極的に摂りたい成分です!