トップページ > 効果 > プラセンタに美白効果は期待できる?

プラセンタに美白効果は期待できる?


シミ

女性の肌悩みNo.1のシミ

ふと鏡を見てシミを発見したときのショックは計り知れないものがありますよね(涙)

そんな、いつのまにかたたずんでいる茶色いシミ、、年齢とともに増えたように感じるのには理由があるんです。

シミの原因は新陳代謝(ターンオーバー)の低下

シミの原因8割が「紫外線」の影響だとされていますが、中には、ストレスやニキビ跡の色素沈着などでもシミに発展してしまうケースもあります。

これらは原因こそバラバラですが、共通して言えることは、加齢が原因で新陳代謝が低下し、ターンオーバーが乱れることによりシミができやすくなるということです。

ターンオーバーとは、約28日間で肌細胞が入れ替わりることを言います。このターンオーバーサイクルが乱れると肌の健康が損なわれる一番の原因となってしまうんです。

プラセンタの3つの働きでシミ予防&改善

  • 抗酸化作用(活性酸素の発生を抑える)
  • 細胞活性化作用(ターンオーバーの正常化)
  • 血行促進作用(血流を良くする)

プラセンタエキスは厚生労働省で認可されている正真正銘の『美白成分』なのはご存知でしょうか?

なので美白効果についても、医薬部外品としてきちんとお肌に働きかけることは証明されているわけです^^なんとも心強い!!

プラセンタには、シミの元メラニン色素を作り出す元凶、活性酸素を取り除く抗酸化作用が認められています。

同時に細胞活性化作用で肌のターンオーバーをスムーズにして、メラニン色素が肌に定着しないように促します。

さらに、肌の奥底に出来てしまったシミにもプラセンタの血行促進作用により、徐々に肌の表面に押し出してシミを薄くする効果も期待できます。

また、酵素やアミノ酸などの抗酸化成分も豊富に含まれているので、シミ予防はもちろん、お肌トーンのアップにもつながり、結果、くすみ対策にもなるというわけです^^

美肌の大敵「紫外線」について解説

shimigenin

まず紫外線を浴びるとなぜシミになるか?ですが、これは肌自らの防衛本能でメラニン色素が生成されます。

通常、紫外線により作られたメラニン色素はターンオーバーの過程で自然に剥がれ落ち元の白い肌へ戻ります。

ところが、過剰に紫外線を浴びると、肌の新陳代謝が低下しターンオーバーが乱れてしまいます。

そうなると、紫外線により作られた「メラニン色素」がなかなか落ちずに肌に定着してしまうのです。これらが茶色いシミとなり私たちを悩ます原因に・・・。

とくに30代以降は代謝も悪くなり、肌本来の抵抗力も弱ってきているため、油断するとすぐにシミに発展してしまうので外出する際のUVケアは必須です!!

紫外線「UV-A波」が肌のハリ弾力を奪う

shigaisen

名前だけは聞いたことあるかもしれませんが、紫外線にはUV-A波とUV-B波の2種類があります。

それぞれ簡単に説明しますと、、

  • UV-B波:表皮を黒くしてシミやくすみの原因に。
  • UV-A波:表皮の下にある真皮のコラーゲン繊維まで到達し、肌のハリと弾力を奪う。

A波は雲や窓ガラスも通り抜けるくらい強力ですので注意が必要です。季節関係なく年中降り注いでいるのがこの「UV-A波」美肌の大敵です!

A波、B波とも肌に悪影響を及ぼすことは間違いありませんが、よりA波のほうが肌の奥「真皮」に到達して、肌のハリ弾力まで奪うので非常に厄介です。

この厄介者A波の防御指数となるのが、UVケア商品で見かける「PA」という指数。現在は2013年から適用された「PA++++」が最大ですので、UVケア品を選ぶ際の基準にしてください!