トップページ > ドリンク 選び方 > プラセンタドリンクの賢い選び方

プラセンタドリンクの賢い選び方


ドリンクの選び方01

お肌やからだの調子をすぐ上げたい!っていうときは、必ず事前に飲んでいるプラセンタドリンク。

1箱10本入りで4千円前後のものが多く、正直、サプリに比べるとコスパは悪いですが、個人的に結構オススメです。

というのは、ドリンクのからだへの吸収率はサプリの2.5倍と言われ、即効性に優れているんです。


プラセンタドリンクを選ぶ際はココに注目!

高品質なプラセンタドリンクは特に「原料の安全性」「エキスの抽出方法」「プラセンタ含有量」にこだわっています。

これらの情報をきちんと公開し、味や飲みやすさ、プラスインの美容成分にも注目し、効率的にアンチエイジングできるドリンクを選びましょう。


  • 原料の安全性や抽出方法にこだわっているドリンクを選ぶ!
  • 飲みやすいさ&味も重要!お試しセットを活用する!
  • プラスインの美容成分でプラセンタとの相乗効果を狙う♡

ドリンクに使われる安全性の高い原料

buta2

出回っているプラセンタドリンクの多くは豚由来のもので豚プラセンタのメリット・デメリット でも紹介した通り、安全性・品質面では国産SPFやデンマーク産が安心です。

馬は年間出産数も少なく希少なため、ドリンクに回るほどの量が足りてないのか、あまり見かけません。見かけたとしても結構高額です。

有効成分の抽出率が高い方法

サプリ同様、プラセンタの有効成分の抽出率が高い方法を採用しているドリンクを選びましょう。

具体的には酵素を添加し分解する方法(酵素分解法や凍結酵素抽出法)が、有効成分の損失も低く、より多くの栄養素を抽出できる代表格です。

プラセンタエキス量は多いほうがいい!?

ドリンクの選び方02

「プラセンタエキス30,000mg配合」といったドリンクを見かけますが、実はこれ水などを含むエキス全体量で実際のプラセンタ濃度を表しているわけではありません。

プラセンタは、エキスを抽出する際に独特の匂いや味を抑える目的で水などを加えるので、エキス自体のプラセンタ濃度は低くなります。

このエキスから水分を飛ばし濃縮したものが原末なので、濃度を知る上ではドリンクでも原末量の表示があるものが好ましいと思います。

ドリンクタイプはエキス量の表示しかない商品も数多く存在しますので、目安として30,000mg以上のエキスを含むもので、高濃度とわかるものを選びましょう。

継続するには「味・飲みやすさ」も重要

飲む

カプセル・錠剤タイプは、味を感じることなく摂取できますよね。

それに比べドリンクは、ダイレクトに味を感じるので、生臭かったりしないか、不安に感じる方も多いかと思います。

ですが今はメーカー各社ともプラセンタ独特のクセや風味を抑える工夫がされているドリンクが大半で心配いりませんが、

気になる方は、お試しセットを活用するなど、事前に味のチェックをすることをおすすめします^^

プラスインの美容成分で相乗効果を狙う

プラセンタドリンクの選び方05

プラセンタドリンクはプラセンタのほかにも嬉しい美容成分が配合されていることが多く、年齢や肌悩みに合ったインナーケアができるのも魅力の一つです。

もちろん、プラセンタ単体での働きっぷりも素晴らしいですが、

こういった他の美容成分を一緒に取り入れることで効率的にアンチエイジング対策ができるのも嬉しいですね。

例えば・・・

コラーゲンペプチド

プラセンタドリンクの選び方

加齢によるハリ弾力不足には断然コレ!肌のみならず体の様々なところでコラーゲンは必要です。

また、プラセンタにはコラーゲン生成作用があるので、一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

言わずと知れた保水力の高いヒアルロン酸。お肌の真皮層に存在し、お肌の潤いを内側から支えてくれる役目です。

一方プラセンタには様々な調整作用があるので、ヒアルロン酸の働きを助ける作用も期待できます。

ビタミンC、ビタミンB群

ドリンクの選び方03

こちらもおなじみの美肌成分ですね^^体内で蓄えておくことが難しいビタミン類は、こまめに摂ることが大切です。

プラセンタに含まれる成長因子の働きをサポートして、お肌の健康維持に効果的に働いてくれます。

レスベラトロールなど

プラセンタドリンクの選び方04

プラセンタよりも高い抗酸化作用を持つことで有名ですね。ぶどうの皮や、赤ワインなどに含まれてるポリフェノールの一種です。

レスベラトロールは体内老化のもと活性酸素を除去する働きがあるので、プラセンタとのWパワーで老化を遅らせることに役立ちます。