トップページ > 効果 > 冷え性改善に役立つプラセンタの6つの働き

冷え性改善に役立つプラセンタの6つの働き


冷え性

冷えはダイエットの大敵!なんてよく聞きますよね?とくに女性の2人に1人は冷え性で、多くの人が悩んでいます。

そもそも冷え性とは「血液の循環の悪さ」からくる症状です。

からだの血流が悪くなる主な要因としては、、

低血圧、ストレス、運動不足、ホルモンや自律神経の乱れ、体の歪み、冷たい食べ物&生野菜、冷房の当たりすぎ などがあげられます。


冷え症がもたらす症状

冷え性をあなどってはいけません!身体が冷えることで様々な不調をもたらします。

むくみ、頻尿、めまい、風邪を引きやすくなる、生理痛、生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊の原因、自律神経失調症、子宮の病気、肩こり、腰痛 など

こう見ると、女性特有の症状がほとんどですね。

冷え症が女性に多い理由は?

筋肉が少なく脂肪が多い体質

脂肪

身体の中で最も多くの熱を生み出しているのは筋肉です。

女性の身体は筋肉より脂肪量が多く、体内で熱をつくりだすパワーが男性より圧倒的に弱い体質です。

また、脂肪は寒さに強い分、一度冷えると温まりにくいという性質をもっているそうです。

だから脂肪が多い下半身なんかは、冷えやすく痩せにくいということなんです!ヽ(`Д´)ノ

女性ホルモンとの関係

女性ホルモン

生理時、妊娠時、更年期などの時期はホルモンバランスや自律神経が乱れやすいと言われています。

とくに体温調節を担う自律神経が乱れると、体温コントロールやホルモン分泌もうまくできなくなり冷えが進行するようです。

衣服による問題

素足

薄手の生地の洋服やお腹を出すファッション、素足で靴を履いている若い女性が増えましたね^^;

オシャレを楽しむのはとても良いことですが、当然、薄着をすれば身体が冷えて、冷え症の原因にもなります!

冷え性改善に役立つプラセンタの6つのはたらき

美容のみならず身体の不調にも大いに役立つプラセンタですが、冷え症の原因に様々な角度からアプローチし、冷え症の改善に一役かってくれます。

  • 内分泌調整・自律神経調節作用でホルモンバランスや自律神経を整える
  • 血行促進作用・造血作用で血流を良くする
  • 免疫調調節作用で抵抗力や免疫力を高める
  • 基礎代謝向上作用で基礎代謝をアップさせる

私自身が以前は冷え性で、とくに冬場は下半身を触るとヒンヤリしていたのが、プラセンタを飲み始めてからは、肌が柔らかくなって冷えが改善されたように思います。

寒くなる季節は、冷えがどんどん進行し、とくに女性は冷え性を放っておくと、前述の通り様々な病気の引き金になりかねません。

プラセンタには冷え症改善のサポートに加え、もともと含まれる豊富な栄養素により、効率的なエイジングケアも可能ですので、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

冷え性にイチオシなプラセンタサプリはコレ!

クラチャイダムクィーン

黒ショウガ×プラセンタ配合の『クラチャイダムクイーン』です。

クラチャイダムはタイ語で「黒ショウガ」という意味です。

冷え症にはショウガ!よく聞きますよね。

生姜には身体を温める効果に加え、アンチエイジング、ダイエット効果、生理周期の安定、さらには、糖尿病予防、滋養強壮、抗疲労、など・・・幅広く活躍してくれる優れもの。

クラチャイダムクイーンに配合される黒ショウガとプラセンタは、ともに高品質で安心して摂ることができます。

⇒「クラチャイダムクィーン」の詳細はこちら