トップページ > 効果 > プラセンタでココロとカラダの健康対策!

プラセンタでココロとカラダの健康対策!


kenkou1

プラセンタは美肌やアンチエイジング成分として注目されがちですが、実は「不老長寿の妙薬」と呼ばれるに相応しい、さまざまな薬理作用も確認されています。

いわゆる特効薬的な効果はありませんが、プラセンタには、心や体の不調をもとの健康な状態に戻るよう手助けしてくれるパワーがあるんです。


プラセンタ、ココロとカラダにどう作用する?

  • 自律神経を整える:不眠症、不安感など鬱症状を緩和
  • 新陳代謝の促進:疲労回復や体力アップ、血行促進による腰痛の解消
  • ホルモンバランスを整える:更年期の症状を和らげる。
  • 免疫機能を高める:ウィルスに対する免疫力やアレルギー反応を抑える。
  • 育毛に必要な成長因子が増加:抜け毛を予防し、育毛環境を整える。

プラセンタは体内で賢く立ち回る!

本来含まれる豊富な栄養素や成長因子が、様々な薬理効果と掛け合わさり、体内の悪いところを察知!本来の健康な状態に戻るように細胞自体を教育するイメージです。

これにより、新陳代謝が低下し細胞が元気をなくした箇所には代謝を高め細胞の活性化につとめたり、ホルモンバランスが乱れていれば安定するように働きかけます。

このように、プラセンタは体のバランスが崩れた箇所から整えるので、時に自分でも気づかなかった症状が改善されたりもするみたいです。

医学的に見たプラセンタの薬理作用

下記を見てください↓これはまたビックリするくらい多岐に渡ります!

基礎代謝向上作用、細胞活性化作用、呼吸促進作用、血行促進作用、造血作用、疲労回復作用、血圧調節作用、自律神経調節作用、内分泌調整作用、免疫強化作用、活性酸素除去作用、抗突然変異作用、創傷回復促進作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、体質改善作用、強肝・解毒作用、妊婦の乳汁分泌促進作用、食欲増進作用、精神安定作用

(引用:一般財団法人日本胎盤臨床学会HP)

こんなにもたくさんの薬理作用があるのはナゼ?

これについては現段階では解明されていない部分も多いようですが、一つ言えることは、胎盤という存在がいかに万能かということです。

たった一つの受精卵からひとりの人間にまで成長させてしまうほどのパワーが胎盤にはあるので、これだけさまざまなことに効いてしまうのも頷けますね^^