トップページ > 飲み方 > 美肌になれるプラセンタの摂取量とは?

美肌になれるプラセンタの摂取量とは?


img6

プラセンタは薬ではないので1日の摂取量に決まりはありません。

自分が実感できる量を摂取するのが一番効率的ですが、最初からそんなこと分かるはずもありません。

そこで、こんなデータをご紹介!摂取量の目安ということで参考にしてみてください。


美肌のためには1日1,000mg必要!?

美肌

日本薬学会のよると、、

1日あたり原末で300mg~500mgを摂取してお肌の改善が見られた。

そして倍の1,000mgを摂取した場合、さらに上の効果を得られたという報告もあります。

(日本薬学会:薬学に関する研究、知識などを共有した団体)

プラセンタ老舗のヒロソフィーさん曰く、医薬品扱いのプラセンタ注射(ヒト由来)では大体1アンプル 原末100mgの×2本(200mg)が基本とのこと。

プラセンタ注射の吸収率は100%ですが、経口摂取による吸収率は20%ほどです。

よってプラセンタ注射の5倍にあたる1,000mgを摂取することで、注射1回分と同じ効果が得られるというわけです。

人によって効果を実感できる量は違う

プラセンタ摂取量

とは言いつつ、少量でも美肌効果や健康状態の改善を実感できた人もいれば、いくら飲んでも何も分からない、という人もいるかと思います。

また、そのときの健康状態や年齢などでも変化してくると思います。

プラセンタの特徴として、体の悪いところを察知して正常に機能するよう働きかけます。


なので、どちらかというと健康な人より不健康な人、肌悩みの少ない20代より肌悩みの多い30代以降の人のほうが、より実感しやすいと言われています。

まとめ

突然、度を越すような多くの量を摂ろうとすると体がビックリして拒否反応を起こす場合があります。飲み始めは各製品の用法・用量を守りながらでいいと思います。

ちなみに、市販されているプラセンタサプリの原末量は1粒が100mg~400mg程度で、1日あたり200mg以上を推奨しているメーカーが多いです。

プラセンタをより実感したいのであれば原末で1日500mgほどをベースに、体調や目的に合わせて量の増減をしてみるといいかもしれません。

とは言え2、3日飲んだところで劇的な変化は期待できません。

目に見える変化を求めるなら、最低でも肌細胞の生まれ変わりに合わせて1~3ヶ月以上は継続しなければなりません。